女児、蜘蛛遭遇事件

2018.09.17 Monday 10:25
0

    SLASの日本部の幼稚園の子どもたちの大半はスクールバスで降園します。

    降園時、子どもたちは、バス番号の番号札ごとに分かれて、バスのメンバーが全員揃うのを待つのが日課です。

     

    そんな、いつものバスメンバー待ちの時間の事件。

     

    キャッキャ、キャッキャと女の子3人がティッシュ片手に何やら騒いでいたので、

    「なにかあったの?」と訪ねると、

    「蜘蛛の巣があるから、とりたいの」

    「みか先生、とって、とって。」女の子3人が口を揃えて懇願するので、

     

    蜘蛛の巣を、素手でとりました。

    (このとき、「みか先生、蜘蛛の巣に触れるんだぁ」という3人の羨望の眼差しをしっかりと感じました。笑)

     

    私がその場を立ち去ろうとした瞬間、

    キャーーーーーと、また、その女の子3人が悲鳴を上げました。

     

    「みか先生〜蜘蛛、蜘蛛が歩いている〜」

    巣がなくなったので、蜘蛛が仕方なく歩いているところを、しっかり見逃さない子どもたち。

    「いやー、恐い〜」と言うので、

    「蜘蛛は恐くないの。悪い虫を食べてくれるの。だからそっとしておいてね」と話すと、

    「え?そうなの???」と子どもたち。

    「そう。だから、踏んづけたり、殺したりしないでね」と付け加えて話すと、

    理解したようで、歩く蜘蛛をじーっと見ながら、

    その蜘蛛が自分たちの方へ歩いてこないのを見届けると、

    女の子3人は、静かになり、蜘蛛遭遇事件が収束したので、その場を立ち去りました。

     

    多くの大人はご存知かと思われますが、

    蜘蛛は、ハエ、蚊、ゴキブリ、ダニなどの害虫を食べてくれる生き物で、本来は益虫です。

    ですが、近年は見た目や動きが気持ち悪いという観点から、不快害虫として取り沙汰されているのも事実です。

    この3人の小さな女の子たちの反応は、「なんだかイヤ〜」という気持ちが先行した、

    いわゆる不快害虫として蜘蛛を捕らえた自然な反応だったのでしょう。

     

    しかし、この日、人間にとって害のないものであり、踏んだりしてはいけないものであるということを、彼女たちは知った日となりました。

     

    今後も、生活の中で蜘蛛に遭遇するたびに、彼女たちは、また、同じようにキャーキャーと悲鳴を上げるかもしれません。

    逆に、今回、騒ぐのを止め、じーっと静かに蜘蛛が退散するのを待つことを知り、命を救ったという自己の経験が生かされ、

    今度は彼女たちが、騒いでいる友だちに、「蜘蛛はそっとしておくものよ」と、教えてあげるかもしれません。

     

    小さな発見や経験・・・この日、彼女たち3人、それぞれにどう記憶されているのかは私もわかりません。

    このような子どもの日常の中の出来事が積み重なって、ひとつの物事を理解していけるよう、

    小さな出来事も、とても大切にしていきたいと思います。

     

    ごきげんよう。

     

    category:Mika | by:『野山の巻』 | - | -

    お月見団子〜試作の巻〜

    2018.09.14 Friday 18:25
    0

      先日、子どもたちが降園したあと、職員みんなで何をしていたかと言いますと・・・

       

      来週、各学年順番に行なう、お月見団子の試作を作っておりました。

      クッキングを行なうときは、必ず職員で事前に試作をしております。

       

      毎年・毎年同じものを作っていても、必ず行なう試作。

       

      何故か。

       

      毎年新しい先生がいることと・・・

       

      職員が・・・食べたい・・・から・・・???

       

       

      いえいえ、ちゃんと粉の量からお団子の数や、硬さ加減もみておりますよ!!

       

      今回も、エプロン・三角巾をし、しっかりと捏ねておりました!!

       

      良い感じに、捏ねくりまわしております。

       

       

      こちらは、タレを作っておりますね〜

      今年はわたくし、他の職員に任せ、自分のデスクに潜んでおりました。

       

       

      そして出来上がったのはこちら!!!

       

      「どうぞ〜!!」と持って来てくれたそのお団子は、この写真から伝わりますでしょうか・・・

      シャバッシャバのタレに浸かっておりました。

       

      私が想像していたお団子は、トロ〜ンとしたタレがお団子を包み込むようにまとわりついているものだったのですが・・・

       

       

      いやいや、とてもおいしくいただきました!!(笑)

       

      いよいよ、来週は子どもたちが、お団子作りに挑戦致します!!

      どんなお団子ができるのか、とても楽しみですね〜♪

       

       

      category:Mayumi | by:『野山の巻』 | - | -

      明日は林間学校!

      2018.09.12 Wednesday 18:18
      0

        こんにちは。

         

        明日はG5の林間学校です。

         

        行き先から子ども達で決定し、0から準備を進めてきました。

         

        引率の職員用に立派なしおりも作成してくれました。

         

         

         

         

         

         

         

         

        そして行き先は・・・東方緑舟!

         

         

        とっても広い公園で宿泊施設も併設されています。

         

        その中には、大きなアスレチックや水上のアスレチック、ドラゴンボートや、CS体験などもできます。

         

         

         

        また、近くには農園もあり、果物の収穫体験やそこで夕食作りも行います。

         

        毎年の宿泊体験でカレー作りを極めてしまったG5は、ちまき作りに挑戦します。

         

        また、麻婆豆腐作りも教えてもらいながら調理します。

         

         

        さらに農民画体験もする予定です。

         

         

        児童は7人しかいませんが、7人だからできること、そして一人ひとりが輝ける宿泊体験にしていききたいと思います。

         

        一生に残る思い出になると信じています。

         

         

         

         

        残る心配事は天候のみ。

         

         

        明日晴れますように!!

         

        それではまた来週〜

        category:Ryuta | by:『野山の巻』 | - | -

        重陽の節句(菊の節句)

        2018.09.10 Monday 15:00
        0

           

          9月9日は5節句のひとつ「重陽の節句」です。杯に菊の花を浮かべてお酒を飲み、

          長寿をお祝いする日です。命を尊ぶのがメインのこの行事ですが・・・他にも楽しみ方があるので、今日はご紹介します。

           

          さて、まずは、この日が「重陽」と呼ばれているのかと申しますと・・・

          実は、0から9までの数字には、それぞれ意味があるのです。

          (いつか、機会があったら、数字のお話はしますね)

          今日は簡単に、奇数と偶数だけでいうと、陽と陰があるのです。

           

          陽→縁起の良い奇数 13579

          陰→縁起の悪い偶数 02468

           

          ですが

          奇数(陽)+奇数(陽)=偶数(陰) となり縁起が悪くなってしまうので・・・

          季節の節目に邪気を払うために、陽が重なる日を、節句としてお祝いするようになったのです。そして、なかでも、1年の最後の五節句のお祝いの日の9月9日が代表で

          「重陽の日」となりました。

           

          さて、5節句は、すべて、草花に例えられています。

          七草の節句、桃の節句、菖蒲の節句、笹の節句、菊の節句。

          その季節ならではの草花がその節句のお祝いとして彩ります。

          このなかで、園の行事として多くの幼稚園では、桃の節句、菖蒲の節句、笹の節句は催されている園が多いでしょう。子どものころに経験したことのある行事ですから、大人になっても、誰もが知っているメジャーな行事です。

           

          さらに、七草の節句も、お正月をご」家族で楽しみ、七草粥をいただくご家庭が多いので、ご家庭の文化を引き継いでいっていますから、これも、メジャーな行事です。

           

          しかし、菊の節句は、園の行事として定着していないものですから、マイナーな行事です。」5節句、5節句」とは、口では言いますが、あれ?9月9日ってなんだっけ?という感じになりがちですね・・・(笑)バイリンガル幼稚園でも菊の節句は催しませんが(汗)

           

          ただ、私自身は、9月9日になると、「あっ!」と思い出します。思い出すのが当日です。

          みなさまにも、同じように、「あ!今日は菊の節句だったわ。」と、思い出す方もいらっしゃることでしょう。どうもこの時期は、忘れがちになってしまいます。

           

          今年もすっかり忘れて、当日気づきましたが、菊の節句を楽しむことは、

          日にちが少々あとになっても良いかなぁと勝手に思っています。

          秋はのんびり、ゆったり、しんみりしたいですから・・・。

           

          お楽しみの主役は、秋の味覚です。

          菊のおひたし、菊の天ぷら、秋ナスを使ったお料理、栗ご飯。

          長寿を祝いながらの美味しいお食事は、風情を感じます。

           

          また、3月3日の桃の節句から9月9日は半年が過ぎた頃ですから、

          人形の虫干しに適した時期ということで、「後の雛(のちのひな)」を

          飾り、桃の花ではなく、菊の花を飾って、お祝いしてもいいですね。

           

          もう一度、おひな様を引っ張り出し、菊の花を飾り、秋の味覚を楽しみながら、

          ティータイムに菊の紅茶(Chrysanthemum Tea)や菊のクッキーなどなど・・・

          健康、長寿、厄除けをお願いしてみてはいかがでしょうか?

           

           

          こう改めて考えてみますと・・・、

          お祝いの内容が、これから成長していく子どもたちの節句というより、

          人生をかみしめることのできる大人の節句の要素が強く、

          菊の節句は、大人の楽しみ・・・と強く感じました。

           

          ごきげんよう。

          category:Mika | by:『野山の巻』 | - | -

          落ち着かない部屋・・・

          2018.09.07 Friday 19:03
          0

            今年度から大きく変わった部屋と言えば・・・

            現在、主に私がいる部屋。

             

            昨年度までは、園長や英語班の先生と一緒に使っていた部屋ですが、

            今年度は、部屋をガラリと変え、終礼後行事などのミーティングで使えるように、

            また、先生たちが少しでもくつろげるように・・・

            そして、最終的には、子どもたちがちょっとした作業もできるような部屋に変えているのですが、

            なかなか進まず。

             

            今進んだことと言えば・・・

             

            オシャレ~なテーブルに、オシャレ〜な椅子・・・のみ。

            そして、入口に大きな壁ができ、ドアが1つ増えたことでしょうか・・・。

            今では、常に物置状態のお部屋に・・・

            そんな物置で仕事をしている私・・・

             

            でも、それが意外と居心地よかったり・・・(笑)

             

            デスクに座った私の目の前は、運動で使用するマットが山積みです(笑)

            素晴らしい眺めです!!

             

            子どもたちが早く使えるように、早急に仕上げていきたいと思います!!

            そして出来たときは、もちろんこのブログでも、紹介したいと思います!!

             

            それでは、また来週〜♪

             

             

            category:Mayumi | by:『野山の巻』 | - | -

            アフタースクール 開始!!

            2018.09.06 Thursday 18:58
            0

              こんにちは。

               

              インリッチドクラスでは、毎週月〜木にインター部の主催するアフタースクールに参加することができます。

               

              種類はかなり豊富で20クラス程あります。

               

              運動系から文科系、インター部の教員が指導しているものから、外部の講師を呼んでいるクラスもあります。

               

               

               

               

              そして、今月よりインリッチドクラスでもアフタースクールを開講することになりました。

               

              以前から要望もたくさんあり、計画も立てていたのですが、バスの問題等でなかなか実現には至りませんでした。

               

              しかし、今回

              ‘本語補習

              英語補習

              1儻‖从

              の3クラスを開講することができました。

               

              ようやく形にすることができ、嬉しく思います。

               

              これらは、日本語や英語に苦手意識を持っている子、さらに英語力を伸ばしたい子、転入生で英語学習を始めたばかりの子、外部で英検を受験しようと思っている子、様々な子に対応しています。

               

               

               

               

              ここインリッチドクラスの大きな特徴はイマージョン教育です。

               

              ただ、学校生活は1日の中でも6・7時間と限られています。

               

              その中で日本語も学び、英語も学んでいます。

              子ども達は本当に難しい内容を日々学習し頑張っています。

               

              しかし、当然学習には個人差もあります。

               

              このインリッチドクラスのアフタースクールによって、苦手意識を克服したり、英語学習が楽しいと感じたりしてもらえたら嬉しいです。

               

              それでは、また来週〜!

              category:Ryuta | by:『野山の巻』 | - | -

              白いキノコ

              2018.09.03 Monday 15:00
              0

                学期始まりの少し前・・・

                 

                準備の為に、自宅から幼稚園へ行く道すがら・・・

                 

                いつもより、行き交う人がまばらで、「あら、なんだか人寂しいわ」と思いはしたものの・・・気付かず

                毎朝の通勤で通る長いトンネルの大渋滞もなく、スイスイ通行できたにもかかわらず・・・気付かず

                幼稚園の門をくぐるも・・・気づかず。

                並木道を歩きながら「今日は、バスケットしているハイスクールの学生がいないなぁ?」と思いはしたものの・・・気付かず。

                バスケットコートの反対側のグラウンドに目をやって・・・

                 

                白いキノコが芝生のグラウンドにニョキニョキ生えているのを発見し。

                あ・・・・・・・!

                 いつもより1時間早く出勤したことに、キノコと出会ったことでやっと気付きました。

                 

                このキノコたちは、通常、朝の早いうちに駆除してしまうので、

                あまり出会えないのですが、久しぶりに出会ってしまいました。

                 

                キノコのお名前は、

                 オオシロカラカサタケ(大白唐傘茸)というお名前です。

                見た目は芝生の緑に対比され、真っ白で非常に綺麗ですが、

                 

                毒キノコです。

                 

                それも猛毒です。決して食べられません。

                噂では、これを食べた人は、救急車で運ばれ、生死をさまよったとか。怖いですね。

                 

                 

                 

                足と比べると、キノコの傘はこんなに大きいのです。

                 

                春から秋にかけて温暖の時期に芝生や草地など、肥沃な土壌に出没します。

                子どもたちが登園してくる時間には、しっかり除去されますが、なんとも侮れないキノコです。

                 

                早起きは三文の徳といいますが・・・

                それは、道徳上、意味ある早起きをしたときであって・・・

                早起きに気づかなかった場合の早起きに限り、特別、三文の徳を感じませんでした。

                オオシロカラカサタケに会えたから、ま、良しとしますか。

                 

                夏休み明け、わたくし自身は、こんなおおぼけな朝から始まりましたが・・・

                子どもたちは、しっかりお預かりさせていただきます!

                2学期もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                 

                ごきげんよう。

                category:Mika | by:『野山の巻』 | - | -

                2学期開始!!

                2018.08.24 Friday 17:52
                0

                   

                  お久しぶりです。

                   

                  皆さま夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。

                   

                  私も家族で日本に一時帰国しリフレッシュしてきました。

                   

                  これだけ海外生活が長いと日本に「帰る」というよりは日本に「行く」感覚です。

                   

                  やはり日本は落ち着きますね。

                  食べ物は何でもおいしいし、衛生的です。

                   

                  物価も今や日本の方が安く感じます。

                   

                  そして日本で必ず行くのが温泉。

                   

                  とっても有意義な時間を過ごしました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  さて、インリッチドクラスは今週から2学期が始業しました。

                   

                  初日の始業式では、子ども達は一回り大きく成長し、中には真っ黒に日焼けしている子も。

                   

                  そして新しい友だちも5名加わり全校児童84名でスタートしました。

                   

                  新しい英語教員の紹介もしました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  また、各クラスにスマートボードが設置されました。

                   

                   

                   

                   

                  視覚に訴えることができるので様々な場面で活躍し、また学習内容をより理解できるよう工夫していきたいと思います。

                   

                  また、今年度の目標でもある「表現力の向上」につながることを願っています。

                   

                   

                   

                  今学期も変わらぬご理解とご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

                   

                  それではまた来週〜!

                  category:Ryuta | by:『野山の巻』 | - | -

                  いよいよ夏休み!!

                  2018.07.27 Friday 18:57
                  0
                    みなさまこんにちは! 本日無事に1学期最終日を迎えることが出来ました。 降園時、門で子どもたちを見送っていると、いつもに増してキラキラの笑顔でバスに乗り込んでいたように感じます。 明日からの夏休みに期待いっぱいの笑顔でした!! 旅行へ行かれる方、日本に帰られる方、上海でゆっくり過ごされる方・・・ 色々な予定を組まれていることと思います。 ケガには十分注意して過ごしてくださいね!! 私も、日本へ帰りますが、連日ニュースで伝えられている様子ですと、日本の方が暑いのでは・・・と。 日本の暑さが非常に怖いですが、せっかく帰るのですから楽しみたいと思います!! みなさまも、楽しく素敵な夏休みを過ごしてくださいね! そして、9月に元気な笑顔の子どもたちに会えることを楽しみにしています! それでは、良い夏休みを〜! また、9月に♪♪
                    category:Mayumi | by:『野山の巻』 | - | -

                    解剖実験について考える。閲覧注意!!

                    2018.07.25 Wednesday 19:17
                    0

                      こんにちは。

                       

                      暑い日が続いていますね。今週で1学期も終了となるので、子ども達からは夏休みにどこに行く、何をするという話題が飛び交っています。

                       

                       

                      さて、本日G6の理科でフナの解剖実験を行いました。

                       

                       

                      私も小学校のころフナの解剖をした記憶があります。

                       

                       

                       

                      6年生の理科の単元「体のつくりとはたらき」の中にこのような記載があります。

                       

                       

                       

                      解剖実験については賛否両論あり、昨今の小学校で実施している所は2割程度だとか・・・。

                       

                      解剖実験は必修ではなく、各学校の裁量に任されています。

                       

                      「生命尊重の教育に反する」や「視聴覚教材で代替できる」「気持ち悪い」色々と批判の声もあるようですが、皆さんは解剖実験についてどのように思われますか?

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      私見ですが、解剖実験をすることのデメリットはないように思います。

                      そして実験を通して、学ぶことは多々あると思います。

                       

                      生命尊重について考えたり、生き物の死を真剣に受け止めたりすることができるのではないでしょうか。

                      何より体験学習は座学よりもインパクトもあります。大人になっても小学校理科の学習内容で解剖実験を覚えている方もたくさんいるのではないでしょうか。

                       

                      教員側としては、しっかりとした準備、片づけはもちろん児童の体調に配慮する必要があります。

                      また、生命尊重の意に反することのないよう、しっかりとした解剖理由の説明や、他教科との関連も大切になってきます。

                       

                      とにかく、命に触れ、実際に魚の仕組みを学んだ6年生は教科書を読む以上のことを学んでいると思います。

                       

                      実際に心臓やえら、消化管など見て触って学んだ子ども達の表情は生き生きとしていました。

                       

                       

                       

                      解剖実験に限らず、今後も体験活動を増やして、豊かな心や自ら考える力を育んでいけたらと思っています。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      皆さまよい夏休みを!!

                       

                      長期休みを利用して普段ではできない経験、体験をたくさんしてきてください!!

                       

                      それでは8月後半にまた再開します〜。

                      category:Ryuta | by:『野山の巻』 | - | -