SLAS全職員の忘年会〜魚料理〜

2019.01.21 Monday 15:00
0

    先週の土曜日のランチタイム。

    SLAS全体の忘年会が行われました。

    忘年会は、学校のオーナー主催の盛大なパーティです。

    参加は任意ですし、パーティーはとっても自由な雰囲気です。

    全校の先生、守衛さん、給食のアイさん、お掃除のアイさんなどなど、

    SLASで働く方が一堂に会す場は一年の中で、この忘年会だけだと思います。

     

    さて、パーティがどのような感じなのかをお話しますと・・・

    お料理は・・・・中華料理です!

    そして、食事の始まりは、一斉に会の始まりの合図や乾杯の音頭がとられるわけではなく、

    各円卓毎に、勝手に始まります。(笑)

     

    前菜からはじまり、北京ダックなどなど・・・次々と運びこまれるお料理。

    何品出てきたのかわからないくらい円卓の上はぎっしりお料理が並びます。 

     

    中国では、春節に魚料理も食べられていることは知られています。
    どうして、食べられているのかと申しますと、中国語で『魚』は『ユィー』と発音し、

    『余る』という意味の『余』(ユィー)の発音と同じで、余裕のある感じが縁起が良いからだそうです。


    さらに、中国語で年年有余”という慣用句があり、この意味が、「年々余裕があるよ」っていう意味となり、

    今年も縁起がいいぞ!という思いが込められており、春節に,お魚料理はつきものなのだそうです。

    パーティで振舞われたお魚はこちらでした!↓

     

     

    パーティでは、年忘れというよりは、新春を迎える気持ちが優先されていますので、

    飛び交う言葉は、「新年快楽〜」、「HAPPY NEW YEAR」 が主流でした。

     

    パーティーの始まりが自由であれば、会の終わりも流れ解散で自由です。

    このなんとも言えない自由な雰囲気のパーティーは、私はとても好きです。(笑)

     

    忘年会も終わりました。

    気づけば・・・

    学校の正門も春節のフラッグに模様替えしていました。

     

     

     

    オーナーのミスターT、忘年会にご招待くださりありがとうございました。

    ご馳走様でした。

     

     

    category:Mika | by:『野山の巻』 | - | -

    調理実習

    2019.01.17 Thursday 18:29
    0

      こんにちは。


      ひとしお寒さが厳しくなりましたが、子ども達は変わらず勉学に励み、休み時間にはグラウンドで思い切り走り回っています。

       

      さて、今週の火曜日に、G56の家庭科で調理実習がありました。

       

      朝からとってもテンションの高い子ども達。

      楽しいことがあるとすぐにわかります。

      そんな時の子ども達の意欲、爆発力にはいつも驚かされます。

       

      全ての学習にあんな意欲で取り組んでもらえたら・・・。

       

       

       

       

      そして午後1時頃、昼食を終えたばかりの職員室に、

       

      「先生!作ったので食べてください!」

       

       

       

      出てきたのはランチセット!!

      ご飯にハンバーグ、ポテトサラダとみそ汁までついていました。

       

      どうやら「一汁三菜」の単元で自分達でレシピから考えたそうです。

      また、ハンバーグも2種類あったり、子ども達用にはプリンもあったそうです。

       

      このランチセットを 

      職員室にいた、英語チームや英語専科の先生の分までたっくさん。

       

       

       

       

       

      もう少し早く持ってきてほしかった・・・

      と、英語チームと話をしながらおいしくいただきました。

       

       

       

       

       

       

      クラスでは学習発表会に向けて準備が始まりました。

      春節を挟みますが、各クラスのカラーが出たらと思います。

       

      今からとても楽しみです。

       

      それではまた来週〜!!

      category:Ryuta | by:『野山の巻』 | - | -

      EDOCCO 神田明神の駒

      2019.01.14 Monday 15:00
      0

        日本では、少〜し、お正月気分は薄れて来た頃でしょうか? 上海は、これから旧正月(チャイニーズニューイヤー)を迎えますから、私個人としましては、まだまだお祝いの気持ちが続いております。

         

        ということで、お正月らしさを維持するため、気分を盛り上げるべく、おめでたいムードを保てるような話題をしたいと思います。

         

        冬期休暇を利用し、子どもたちのお正月あそびの駒を求めに、わたくしはお茶の水・本郷・秋葉原の中間にある、神田明神へおでかけして参りました。神田明神の正式名称は神田神社。でも、一般的に広く通っている呼び名は、神田明神でしょう。

         

         

        さて、この神田明神は、江戸の三大祭りの神田祭でも有名ですし、日本のビジネスの中心である大手町・丸の内を氏子地域とし、三之宮の平将門の負けん気が息づいた仕事運バッチリの神社であり、都心のビジネスの参拝には欠かせない神社です。ですから、初詣には、男性・男性・男性ばかりで・・・ビジネスマンで溢れかえるのがこれまでのお決まりでした。

         

        が・・・が・・・が・・・今年は・・・

         

         

         

         

        一月ほど前、2018年12月15日に、EDOCCO瓩箸い神田明神文化交流館(EDO Culture Complex)がOpenしました。なんでも、建立1300年のお祝いとのこと。それはそれは、モダンな文化を交流しようという館が誕生したのでした。

         

        このモダンな交流館が明神様の隣に建立された結果・・・

         

        なんと、若い女性や奥様方のお姿が溢れかえっておりました。(笑) さらに、もともと外国の方も多かったのですが、文化交流館のお土産コーナには、お土産を求める外国の方の姿も非常に目立ちました。

         

        神田神社内をウロウロし、EDOCCO瓩隆枡發鬟Ε蹈Ε蹐掘△目当ての駒を探しあてたところで、お腹が空いたので館内のCAFE MASUMASU瓩妊薀鵐禅抃討鬚箸蠅泙靴拭 注文したのは看板メニューの益々繁盛御前と枡パフェです。

         

         

        枡に入っています。おめでたいひょうたん型のお

        吸い物椀です。

         

         

        益々繁盛御前は、その名の通り「一生益々繁盛」を願った御前とのこと。四季折々のテーマにあわせた季節の食材をつかったお料理がいただけます。 ごはんは白いご飯と狄欧せ玄米瓩選べますが、寝かせ玄米を選びました。

         

         

         

        この狄欧せ玄米瓩箸いΓ隠玄錣旅鯤に塩を入れて発行させているご飯は、もちもちとした食感でとても美味でした。狄欧せ玄米瓩枠酵度合いが日によって違うらしいので、それもお楽しみの一つだそうです。

         

         

        枡パフェもぜひ、召し上がってみてください。

        あえて、中身には触れません。(なぜなら・・・お楽しみが減りますから)

        とーっても濃厚なパフェで、美味でした。

         

        食事の後、1Fのお土産コーナーでお目当ての駒を発見。御利益のある駒を求めてみました。

         

         

        子どもたちは、お正月あそびに、この駒を使ってくれるかなぁ〜。という期待を込めて。 そして、バイリンガル幼稚園の子どもたちの益々の繁栄を祈って・・・ もうすぐ開催される発表会も元気に頑張って欲しいと思います。(来週末の1月26日は発表会です・・・)

         

        ごきげんよう。

         

         

        category:- | by:『野山の巻』 | - | -

        2019年 スタートしました!

        2019.01.11 Friday 15:11
        0

          明けましておめでとうございます。

          2019年がスタートしました!

           

          今年は「平成」最後の年であり、新しい元号の始まりの年でもありますね。

          平成生まれの方に会ったら、「ぎゃぁーーー!」と言っていたのに、

          これからは、更に新しい元号生まれの方に会うことなるんですね・・・

           

          特別な年になる今年、何か大きなことでもやってみようかな〜と思っているのは私だけでしょうか・・・

          思えば、30歳の節目になる時に、何か大きなことを・・・と思って、このバイリンガル幼稚園に来ました。

           

          元号が変わる今年、また何か大きなことでもしたいな〜と、思っている今日この頃。

          見つかった際には、こちらのブログでお知らせします!

          と言うことで、今年もこの「野山の巻」をどうぞよろしくお願い致します!!

           

          さて、新学期に入り子どもたちは、日々「発表会」の練習に励んでいます。

           

          そして、保育サポートの先生たちも「発表会」に向けて、日々プログラム作りに励んでいます。

          今週、私のデスクからずっと見えていた光景です。

           

          地味〜に見えますが、約240部程のプログラムを、印刷から裁断・糊付け・仕上げ・クラス分けまで、

          全て手作業で行なっています。

          とても細かい作業ですが、毎日時間をかけて丁寧に作っています。

           

          私がふと目をやると、「あ’’−−−−!!肩こるうーーー!」と、天を見上げていたり・・・

          「あと何枚・・・」「まだそんなに!?」「いつまでに仕上げなきゃいけない!?」

          「今週中には・・・あっ、今日もう金曜だ・・・無理だ・・・」 

          などなど(笑)

           

          そして、プログラムと同時進行で、装飾も作っています。

           

          なんで、わざわざ手作りで!?

           

          と、思われるかもしれませんが、私たち職員は様々な形で子どもたちが取り組む行事を盛り上げています。

          その中の一つに、この「手作り」というものがあります。

           

          外注したら簡単では?

          先生たちも楽なのでは?

           

          確かにそうだと思いますが、手作りの良さというのもあると思います。

          温かさを感じることもできると思います。

          手作りは大変ですが、私は、そんな温かさも大事にしていきたいなと思っています。

           

          プログラム配布まで、楽しみにしていてください!

           

          それでは、また来週〜♪♪

           

           

           

           

           

           

          category:Mayumi | by:『野山の巻』 | - | -

          新年明けましておめでとうございます。  

          2019.01.10 Thursday 18:24
          0

            2019年度初のブログとなります。

             

            今年も学校の様子や日頃感じたことを(プライベートなことも?)綴っていこうと思います。

             

            時間があるときにでも覗いてもらえると嬉しいです。

            また、会った時には、「ブログ見てるよ!」とお声掛けいただけると励みになります。

             

            本年もよろしくお願い申し上げます。

             

             

             

             

             

            さて、インリッチドクラスでは本日餅つきを行いました。

             

            実際は12月に行う予定だったのですが、欠席者が多数いたため急遽今日に延期になりました。

             

             

            クラスごとに餅をついて、丸めて、食べるのですが、実は・・・

             

            その裏方と子ども達が餅をつくまでの数分間が大変なんです!!

             

            裏ではガスコンロでもち米を蒸しています。

             

             

             

            これがなかなか思い通りにいかず、また、朝一と午後でも出来上がりが異なるそうです。

             

            そして蒸し終えたもち米をある程度までつぶしてつきます。

             

            これがかなりの力仕事。

             

            子ども達が一人ひとりつく前にある程度食べられる状態にまでしてしまいます。

             

             

             

             

             

             

            そして子ども達も一人ひとりもちつきを経験し、

            丸めておいしくいただくのでした。

             

             

             

            また一つ日本の伝統行事を体験できた子ども達でした。

             

             

            準備から片付けまで中心に行ってくださった先生方、

            当日も裏方として手伝ってくださった先生方、

            お疲れ様でした。

             

             

            3学期の授業日数は48日しかありません。

            1日1日を大切に、楽しんで過ごしていきたいと思います。

             

            それではまた来週〜!!

             

            category:Ryuta | by:『野山の巻』 | - | -

            Year of the Boar

            2019.01.07 Monday 14:29
            0

              謹んで新春をお祝い申し上げます。

              旧年中は多くのみなさまにブログをご覧になっていただき、ありがとうございました。

              今年もみなさまの御健勝と御多幸を心からお祈り申し上げます。

               

              さて、今年干支はイノシシです。そのイノシシについてパッと思い浮かぶのが、「猪突猛進」と四字熟語。この言葉は、凄まじい勢いで、かつ走り出したら止まらないという猪の突進のイメージからできた言葉であり、「向こう見ず」や「計画性が無い」といったある種、否定的なニュアンスで使用されることもしばしばですが・・・

               

              肯定的なニュアンスで捕らえるなるならば、まっすぐ前を向いて行動的であり、周りを気にしない勇気があると、とらえられる言葉です。

               

              勇気とは・・・

              恐怖、不安、躊躇、あるいは恥ずかしいなどと感じる事を恐れずに(自分の信念を貫き)向かっていく積極的で強い心意気のこと。勇ましい強い心をいう。(Wikipediaより)

               

              勇ましい強い心・・・。個人的には、この言葉を意識して過ごす1年にしてみようかなぁ〜などと思いました。

               

              新しい年の幕開けとともに、気持ちを新たにして、このブログにも真剣に取り組む所存でございますので、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

               

               

              category:Mika | by:『野山の巻』 | - | -

              クリスマスパーティー

              2018.12.14 Friday 19:00
              0
                今日は幼稚園で、クリスマスパーティーが行なわれました。 子どもたちが帰った後に、職員で練習していた出し物のお披露目です! こちらは、「劇」組。

                サンタクロースもトナカイもいますね〜

                続いては、おやおや何でしょう

                クリスマスカラーのタイツで、シンクロです!! 動きが揃っていて、とても面白かったです!

                最後は、英語班の先生と日本人の先生達で歌をプレゼントしました! 私は、ノラ先生の横にピッタリついて、ノラ先生の英語を聞きながら歌っていました・・・ 子どもたちもとっても静かに、真剣に聞いてくれて、とてもうれしかったです! 最後はサンタさんが来て、プレゼントをくれました! 今日のお話、是非子どもたちに聞いてみてくださいね☆ さて、今日で2学期も終わり。 明日からは待ちに待った冬休みですね! みなさまも、楽しい冬休みを過ごしてください! また3学期に子どもたちに会えることを楽しみにしています! それでは・・・ みなさま、2019年もこの「野山の巻」を細々と??行なっていきますので、 どうぞよろしくお願い申し上げます。 よい年をお迎えください・・・
                category:Mayumi | by:『野山の巻』 | - | -

                ベイクセール

                2018.12.13 Thursday 17:25
                0

                  先週の土曜日に「ベイクセール」がありました。

                   

                  これは、SLASのPTAが主催のイベントで提供して下さった食品や商品を販売してくださいます。

                  その収益で学校の施設向上に使うという目的もあります。

                   

                  毎週金曜日にKIOSKもあるのですが、その延長ですね。

                   

                  そして年1回行われるベイクセールの商品が年々パワーアップして・・・

                    

                   

                   

                  本当にすごいんです。

                   

                  1Fのホールで開催されているのですが、各国ごとの特産物やカラーも出ていて本当に魅力的でした。

                   

                  インリッチドクラスの児童は30元を上限としクラスで指定された時間内に自由に買い物ができます。

                   

                  子ども達はお金を握りしめ目を輝かせながら商品を選んでいました。

                   

                  とにかく早く買ってすぐに食べたい子、

                  一通り全商品を見てから買う子、

                  両親や兄弟の分もと悩みながら選んでいる子、

                  残金と相談しながら1元たりとも残さず使おうとする子、

                   

                  買い物一つとっても一人ひとりの個性が出て面白いですよ。

                   

                  とっても貴重な体験になりました。

                   

                   

                  【余談】

                  うちの息子がインター部に行っているのですが、インター部は2歳の息子のクラスからKIOSKもベイクセールも自由に購入ができます。

                   

                  あれがほしい、これがほしいもろくに言えない2歳の息子。

                   

                  ベイクセールの日は手違いがあり50元を渡しました。

                   

                  持って帰ってきたのは、バールセンのABCビスケット。

                   

                  (日本で買うと300円だそうです。)

                   

                   

                  そして財布にはおつりの5元・・・。

                   

                  ん?これだけ?

                   

                  そしてこのビスケットも自分で選んだとは思えない・・・。

                   

                  好きなの買ってもう食べたんですね。

                  はい、そう思うことにします!

                   

                   

                   

                   

                   

                  来週から冬休みです。

                  皆さま良いお休みをお過ごしください。

                  それでは2018年もブログに目を通していただきありがとうございました!

                  来年もよろしくお願い申し上げます。

                   

                  それでは良いお年を〜

                   

                   

                  category:Ryuta | by:『野山の巻』 | - | -

                  Candy cane (キャンディケイン)の話

                  2018.12.10 Monday 15:02
                  0
                    キリスト教を主な宗教とする欧州諸国などでは、12月にはクリスマスとは別に「聖ニコラウスの日」という祭日があります。

                     

                    まずは、この祭日ができた由来のお話から・・・

                     

                    紀元後3世紀から4世紀ごろ、貧しき者に施しを行った人がいました。その慈悲深い方は、ニコラウスさんというお名前の方でした。このニコラウスさんの恵まれない貧しい人々への行ないが認められ、死後に聖人とされ、ヨーロッパでは彼の命日である12月6日を「聖ニコラウスの日」として、大人が子どもたちへプレゼントを贈るようになっていったのです。

                     

                    そして、子どもたちへプレゼントを届けるサンタクロースのモデルになったのが、この聖ニコラウスさんではないか、と、いわれるようになりました。また、ニコラスさんは、いつも杖を持っていたといわれ・・・その杖が、キャンディケインの由来といわれています。

                     

                    SLASでは、毎年聖ニコラウスさんの命日前後に、サンタクロースとの記念撮影を行ないます。そして、赤と白のキャンディケインを子どもたちへ同時に配ります。

                     

                     

                    写真撮影の場所です。↓

                     

                     

                    今年SLASにいらしてくださったサンタクロースさんが写真撮影を終わり、階段に上ってお帰りになるところです。 ↓

                     

                     

                    これがキャンディ・ケインです。

                     

                     

                     

                    英語ではcandy caneと書きます。candyは飴、caneは杖のことです。ということで、キャンディケインとは「飴でできた杖」を意味します。

                     

                    一般的にはクリスマスの時期に出回る縞々模様の杖のキャンディのことを指しますが、最近では、いろいろな色を使ってキャンディケインが見られます。 SLASのプレゼントは、オーソドックスな赤と白のストライプで、味はペパーミントのものが主流です。

                     

                    このキャンディケインの味は?というますと、ミントのスースとした味となりますので、子どもたちの口に合うかどうかといえば、子どもたちが口を揃えて「おいしい!」「大好き!」とは言えない代物であることは否めませんが・・・ キャンディケインがどういうのもなのか、異文化を知る意味では、良い機会であると感じます。

                     

                    このような、ほんのちょっとした異文化の体験は、バイリンガル幼稚園ならではと言えます。日本人としてのアイデンティティを養いつつ、西洋の文化にも触れる機会を、さりげなく織り交ぜながらの環境は、登園の自慢であると思っております。

                     

                    ごきげんよう。

                     

                    category:Mika | by:『野山の巻』 | - | -

                    「すみれルーム」

                    2018.12.07 Friday 18:36
                    0

                      以前にもこのブログでお知らせしましたが、「すみれルーム」のリフォームが徐々に徐々に進んでおります。

                       

                      最初は床を張り替え、次に壁ができ、作業机を新調し、昨日ついに第一弾新しい棚が届きました!!

                       

                      会議から戻ると、すみれの部屋にど〜っんと置かれた大きな段ボール。

                      そして、数時間後に来てくれた組み立てるおじさん。

                      おじさんは、大きな鼻歌を歌いながら、とてもご機嫌に一人で組み立ててくれました。

                       

                      またまた会議から戻ると、ご機嫌だったおじさんは、大きな2つの棚の組み立て作業を終了していました。

                      おじさん!謝謝〜♪

                       

                      私は、棚とにらめっこをしながら、どう収納したら、みんなが使いやすいかな〜と頭を悩ませ・・・

                      本日、あ〜でもない、こ〜でもない。と独り言を言いながら、ひとまず収納してみました。

                      本当は、もっともっとオシャレ〜な雰囲気にしたかったのですが・・・

                      これから徐々に仕上げていきたいと思います。

                       

                      この「すみれルーム」は職員だけでなく、保護者の方もいらっしゃる場所。

                      現在入園面接の最中ですので、特に保護者の方の出入りも激しく。

                      そんな場所ですので、常に整理整頓された状態を保ちながら、先生たちも仕事がしやすい、

                      疲れた時には少しゆっくりできる場としても、利用してもらいたいと思います。

                      (私が常にいるお部屋ですので、先生たちはゆっくりできないかもしれませんが・・・)

                       

                      まだお見せしていない部分もありますし、まだ完成ではないのでまた、進んだらご紹介したいと思います!!

                       

                      さて、いよいよあと一週間で冬休みですね!!

                      あと一週間、子どもたちと楽しんで過ごしたいと思います!

                       

                      それでは、また来週〜♪♪

                       

                      category:Mayumi | by:『野山の巻』 | - | -