バレンタインデー💕

2018.02.14 Wednesday 09:00
0

    今日はバレンタインデーですね!!

     

    バイリンガル幼稚園では毎年、女性職員全員から男性職員に向けて、

    プレゼントを渡しています。

     

    そして今年も、その時がやって来ました!

    14日はバス添乗の職員がいましたので、今年は一日早いバレンタインデー!!

     

    前日からの私の仕込み・・・

    私「今日、終礼を行ないましたが、明日も終礼を行ないます。」

     

    そして、迎えた火曜。

    子どもたちが帰った後、うさぎA組にて英語班の先生も含め集合。

     

    園長がナイスタイミングで、仕事の話をしてくれました。

    そしてそのままいくと思いきや、いきなりフラれた私・・・

     

    一瞬あたふたしながらも、まじめに切り出しました・・・

    私「本来は、明日お話ししたいのですが、明日バス添乗の先生もいらっしゃるので・・・

      え〜、明日は2月14日です・・・

      と、いうことで、男性職員全員前へ!!!」

     

    健太郎先生「な〜んだ!!そういうこと!?」

     

    その他男性職員「な〜んだ、びっくりしました〜」

     

    私「終礼なんてしませんよ〜(^◇^)」

     

    と、サプライズ大成功でした!!!

     

    前へ出ていただいた5人の男性職員。

    今年は、各学年の女性職員がそれぞれのに思いを込めて買いに行って来ました。

     

    まずはうさぎ組のとも先生!

    上着とマグカップ、マジックが得意なとも先生へマジックグッズの数々でした☆

     

    次にぞう組のたか先生

    こちらもマグカップとたか先生の大好きなコーヒーでした☆

     

    続いてぱんだ組のけんと先生

    靴下の山と消臭剤にカミソリ、そして春節飾りでした♪

     

    そして、英語班のスターニー先生

    こちらは、水筒やオシャレなチョコでした!!

    さすが、欧米の先生!!

    選ぶものがオシャレです☆

     

    最後にスーパーバイザーの健太郎先生

    こちらは・・・私が悩みに悩んで買った万年筆兼ボールペンです!

     

    さて、これから男性職員みんなが、使ってくれているところを見れること、

    女性職員は楽しみにしていますよ!!!

     

    一ヶ月後のお返しの日。

    品物の想像はつきますが・・・(笑)

    楽しみにしていますよ!!!

     

    それではみなさまも、素敵なバレンタインデーをお過ごしください!

     

    そして、楽しい春節休みをお過ごしください☆

     

    新年快楽〜♪

     

    category:Mayumi | by:『野山の巻』 | - | -

    もうすぐChinese New Year です。

    2018.02.12 Monday 15:00
    0

       もうすぐChinese New Year です。上海の街もとても華やいできましたね。

      Chinese New Yearについて英語の先生方とお話しているときに干支の話になりました。 

      Ms.Natalaは私の干支は“Tiger”と言い、「MIKAは何どし?」と聞かれ、“Sheep”と答えました。

       

      答えたのは良いけれど、同時に「全部の干支を正確に英語で言えるかしらん?」と、ハタと気づいたのでした。

       日本語で「ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ・・・」と唱えているうちに順番を覚えていらっしゃる方は多いと思われますがスラスラ英語で言える人はなかなかいないように思います。

       

      ということで、Chinese New Year前に、ちょっとだけ英語で干支をおさらいしませう。

       

      子 (ね): Rat

      丑 (うし):Ox ➡cow(乳牛)ではなくて、ox(雄牛)

      寅 (とら):Tiger

      卯 (う):Rabbit / HareRabbit(穴うさぎ:穴を掘る習性がある)Hare(野ウサギ:穴を掘る習性なし)

      辰 (たつ):Dragon

      巳 (み): Snake

      午 (うま):Horse

      未 (ひつじ):Sheep

      申 (さる):Monkey

      酉 (とり):Rooster / Cock ➡酉はrooster(おんどり)

      戌 (いぬ):Dog

      亥 (い):Pig / Boar➡日本ではboar(イノシシ)ですが、中国ではpig(ブタ)

       

      さらに、干支って英語で何というのかといいますと・・・

      一般的には中国が発祥なので、Chinese (animal) zodiacです。でも、最近ではJapanese zodiacでもOKです。英語でzodiacとは天文の黄道帯のことで、占星術の十二宮図を意味するそうです。

       

      そして、今年は戌年(Year of the dog)ですね。

      個人的に、みなさまにご覧に入れたいものがありまして・・・。

       

      じゃ〜ん!それが、これです↓

       “アイリッシュ・ドレスデン”の日本限定・干支置物。2018年バージョンです。

      実は、毎年、日本のお正月に私の学生時代からの悪友ちゃんがお年賀のプレゼントをしてくれるのです。

      今年は、と〜っても可愛い、わんちゃんPuppy Loveです。悪友ちゃん、毎年毎年、ありがとう〜。

      これまで、プレゼントをお披露目するチャンスがなかったので、ここでお披露目してみました。

       

      今週の2月15日〜25日まで上海リビングストンアメリカンスクールは学校全体が休暇に入ります。

      みなさま、よい旧正月をお迎えくださいませ。 

      category:Mika | by:『野山の巻』 | - | -

      校内研修

      2018.02.09 Friday 13:23
      0

         

        こんにちは。

         

        インリッチドクラスでは、年間を通して職員の校内研修を行っています。

         

        日本だと、校外での研修やセミナーなど、たくさんの機会がありますが、ここ海外ではなかなかそのようなチャンスはないので、校内で研修をし、様々なバックグラウンドを持つ先生方と日々高めあっています。

         

        教員に求められる資質能力は多岐にわたりますが、その中でも必然的に求められる「教科指導・生徒指導」の技量を磨くために、それぞれの先生の授業をみて、放課後に協議をしました。

         

        今週はG5の公開授業でした。

         

        普段から見学者が多い環境なので、人が見に来ることに関しては慣れている子ども達ですが、いつもとは違う雰囲気だったのでしょうか。そわそわしている様子が窺えました。

         

        たくさんの先生方が見に来ました。

         

         

        そんな状況下で、国語の授業で一人ひとりが立派に発表をしていました。

         

         

        私はG5の子ども達がG1とG3の時担任をしていたので、懐かしさを感じながら見ていました。些細なことを含め、成長したな〜と感じる所がたくさんありました。また、普段は授業外で接しているので、真剣に授業に取り組む姿は新鮮でした。(もちろん、変わってないな〜と思う所もしばしば・・・)

         

         

         

         

         

        文部科学省のHPでは、今後求められる教員の資質能力についてい以下のように記載されていました。

         

        ・地球的視野に立って行動するための資質能力

        ・変化の時代を生きる社会人に求められる資質能力

        ・教員の職務から必然的に求められる資質能力

         

        と〜っても壮大なことが記されてますね・・・。

         

        教員と言えどもただの一人の人間です。

        できないことも苦手なこともたくさんあります。

         

        それでも子どもの可能性を引き出す仕事をしている以上、

        常に学び続ける人でありたいなと初心に戻れた研修になりました。

         

        それでは、また来週〜!

        category:Ryuta | by:『野山の巻』 | - | -

        無駄をなくそう!!

        2018.02.07 Wednesday 18:41
        0

          昨日、レインボークラスがありました。

           

          今回のワクワクコーナーのテーマは「もったいないシリーズ〜水・電気〜」

          について、話をしました。

           

          このテーマに沿った内容の動画が、思いのほか見当たらず・・・

          子どもたちにわかりやすく伝えるには・・・

           

          いつもの様に頭を悩ませ、急な停電の経験を・・・と思い、話している最中に5階ホールの

          電気を一斉に消してもらいました。

           

          きょとんとしている子どもたちでしたが、同時に、停電が起きた街の様子の動画を流しました。

           

          電気がなくなったらどうなるのか、まず何も見えない。

          これが夜だったらどうなると思う?

          寒い日はエアコンも消えてしまうんだよ。

           

          という話をしました。

           

          また、水に於いては水が無くなったらどうなるのか。

          洗濯もできない。

          お風呂も入れない。

          ご飯も食べられない。

          トイレにも行けない。

           

          私たちは、蛇口を捻ると水が出ることが当たり前の環境にいますが、

          世界には、まだまだ水道がない国が沢山あること。

          そんな国では、川まで水を汲みに行くこと。

           

          エチオピアの国で13歳の少女が8時間かけて歩き、水を汲みに行く映像を見てもらいました。

           

          子どもたちにどのように伝わっているのか、気になるところですが、

          何かを感じ取ってくれたていたらと願っています。

           

          レインボークラスが終わった後、各クラスで無駄にしないために、自分たちができること、

          何に気を付けていくと良いかなど、話し合ってもらいました。

          少しずつでも、子どもたちが自ら意識して無駄をなくしていけるといいなと思っています。

           

          今回は私たち職員も、周りに「無駄」がないか、今一度意識を向ける良い機会となりました。

           

           

          【おまけ】

          毎回のレインボークラスでピアノを弾いている私は、

          ここだけの話し・・・ピアノが苦手です。

          昔、エレクトーンを習っていたはずなのに・・・

           

          楽譜も読むことが困難なので、耳で聞いて覚えます。

          こんな主任でいいのでしょうか・・・

          ・・・いいんです!!

           

          人には苦手なものの一つや二つ・・・

          それに対して、いかに努力し頑張るかが大切なんです!!

           

          そんなレインボークラスの前日。

          気持ちはとても帰りたいんです。

          でも練習をしないと・・・・・

           

          そんな気持ちが全面に出ている、一枚となりました(笑)

           

          ここにもピアノが苦手な先生が・・・

          しかし、人には厳しい私。

          ピッタリ張り付いて聞いおります(笑)

          誕生日の曲を頑張って練習し、何とか弾けるようになってきたのですが、

          本日体調不良の為お休みとなりました。

          明日、本番なのですが、努力の成果を披露することはできるのでしょうか・・・

           

          それではまた来週〜♪

          category:Mayumi | by:『野山の巻』 | - | -

          2017年度「発表会」

          2018.02.05 Monday 15:00
          0

            2017年度の「発表会」 

            テーマ〜バイリンガルこども劇場

             

            「発表会」は、クラス単位で舞台に立ち演技や歌、ダンスを披露します。「発表会」に向けて、子どもそれぞれの個性を大切にしながら、クラスの子どもたちが一丸となって、そして先生が助けながら、みんなで一緒につくりあげていきます。その成果が実り、今年もとても楽しい舞台となりました。

             

            今日は「発表会」の装飾についてお話します。過去を振りかえってみても、装飾にはいろいろ楽しいもの、美しいものなど、素晴らしい作品がありました。どの行事でも共通していえることかもしれませんが、行事前日になったら一斉に装飾をします。しかし、これは最終的に飾るという意味であり、できあがるまでは日を追って少しずつ増やしていくものです。

             

            日々の保育の中で、教師は、子どもたちと一緒に装飾をつくるコーナーを用意したり、作ったものも飾り付けたり、子どもたちと楽しみながら装飾の準備を進めていきます。子どもたちも、日々、教室や廊下に増えていく、装飾を見て、行事への気持ちを高めていきます。こういった、装飾は、行事を待つことの意味、行事へ向かうことの期待感を多いに高めてくれるのです。当日の舞台の頑張りはもちろん、こういった日々の保育の流れが装飾づくりの中には息づいていることを、行事ごとに感じます。

             

            さて、それでは、今年度の「発表会・バイリンガル子ども劇場の装飾を、少しだけ(残念ながら、すべてはお見せできませんが・・・)ご覧ください。

             

            ここから「バイリンガル子ども劇場」の“おはなしの世界“がスタートです。

             

            階段の登り口

            5Fホールまでの道のり

            上へどうぞ

             

            まだ上へどうぞ

            もうすこし、がんばって!

            5Fに到着〜

            入口です。ようこそ!みなさま、開場まで少しお待ちください〜。と、にっこり笑ってご挨拶。

             

            ホール会場前の廊下では・・・クラスの看板が並んでいます。

             

             

            手形、足型、自画像、折り紙、全身画などなど・・・子どもたちの手作りのものが看板ポスターとなっています。

             

            今年は、インフルエンザの流行や寒冷・積雪により、発表会の1週間前の劇あそびは、友だちのセリフを代理で進めるなど、それぞれが、ひたすら助けあいながらの「助け合い運動」が盛んな日々でした。そんな助け合いの中で生まれた絆がクラスをまとめることに繋がっていき、当日は、子どもたちも教師も、一生懸命力を合わせて頑張った発表会となり表舞台み裏部隊も助け合いながらの暖かい雰囲気の発表会となったように思います。

             

            保護者のみなさまにも、ご協力いただき暖かい拍手やお言葉を頂き、ありがとうございました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            category:Mika | by:『野山の巻』 | - | -

            幼稚園と小学校の違い。

            2018.02.02 Friday 17:40
            0

               

               こんにちは。

               

              明日は節分という事で、本日バイリンガル幼稚園では節分イベントが行われました。

               

              そこで今年も「鬼」の出張サービスです!

               

              バイリンガル幼稚園の節分イベントでは男手が足りないらしく、鬼役としてお手伝いしました。今年もTeacher Sternyと鬼役をしてきました。

               

               

              スタンバイ中〜

               

              久しぶりに幼稚園の現場に入って楽しませてもらいました。

               

               

               

               

              幼稚園、小学校で両方指導をしてきての大きな違いは、

              「職員の立ち位置」です。

               

              「立ち位置」とは言っても実際に立っている場所ではなく、児童との距離感やサポート方法でしょうか。

               

              これは、もちろん児童の発達段階にも関わっていて、小学生になると、自分の身の回りのことは全て自分でしなければならないですし、時間も限られています。チャイムや時計を見て行動をしなくてはなりません。また、児童会という子ども達が主体的、能動的に取り組む組織もあり、行事は企画から準備、運営、片づけまで自分達で行っています。

               

               

               

              それに比べて幼稚園は、子ども達に理解してもらうため、子ども達に楽しんでもらうために、職員の影での準備物が多くあります。節分イベントも毎年趣向を凝らした内容で、すごいな〜と感じながら参加していました。

               

              子ども達一人ひとりが鬼のお面を製作で作って持ってきていたり、職員は鬼のパネルや鬼の的などを用意したりしていました。影での準備はもちろん、当日は先生が前に立って進めることもたくさんあります。

               

               

              「教師は役者であれ」と教育学を学んでいた学生時代はよく先生に言われていましたが、まさにその通り!!

              対象学年が低ければ低いほど、その力が求められているように感じます。

               

               

               

              しかし、これが楽しいんです!!

               

              小学校、幼稚園どちらも似ている所もあれば、全く違うこともあり・・・

              でもどちらもやりがいがあることは間違いないですね!!

               

               

              今年の鬼は子ども達を驚かす悪い鬼ではなく、子ども達と仲良くなりたい良い鬼役だったので、個人的にすこ〜し物足りなさを感じながら、幼稚園児と楽しんだイベントでした。

               

              それではまた来週〜!!

              category:Ryuta | by:『野山の巻』 | - | -

              発表会〜リハーサル〜

              2018.02.01 Thursday 18:21
              0

                今日は、発表会の最終リハーサルが行なわれました。

                 

                先週、思わぬ休園が3日間あったことで、職員は焦るばかり・・・

                私たち職員は、子どもたちの気持ちのピークを当日に合わせるにあたり、

                逆算し、ここまでにはこの仕上がりで、リハーサルまでには何割程度まで仕上げ・・・

                と、計算しながら練習を進めています。

                 

                その計算も、今週に入って再調整を行なうことになりました。

                 

                今週2回行なわれたリハーサルの中で、変更できる部分は変更し、

                子どもたちの様子を見ながら、無理のないように進めてきました。

                 

                今日の最終リハーサルを終え、ある程度形が見えてきました。

                 

                限られた時間と日数の中で、子どもたちは本当によくがんばったなと思います。

                また、担任の先生たちも、日々練習を行なう中で試行錯誤しながら、各クラスの

                カラーを出せるよう、また子どもたちの最高の姿を披露できるよう、作り上げてくれたな〜と感じます。

                 

                私は、全体を見ながらより良くなるように、煙たがられながらも・・・

                意見をしていますが、どんな行事のときもここだけは潰さないようにと、気を付けていることがあります。

                 

                バイリンガル幼稚園としてのカラーももちろん大事ですが、担任の先生たちの思いやカラーを

                潰さないようにといつも頭に置いています。

                 

                バイリンガル幼稚園のクラス担任は、日本人職員と中国人職員の二人です。

                担任の二人が相談し、また子どもたちと相談し作り上げた「発表会」。

                 

                何が起こるかわからない恐怖があるのが本番。

                でも、それを楽しめるのも本番。

                 

                当日はどうぞ、思い切り笑い、感動してください!!!

                 

                それではまた来週〜♪

                category:Mayumi | by:『野山の巻』 | - | -

                雪の日の一日

                2018.01.29 Monday 15:00
                0

                   

                  週末の上海の雪景は、非常に綺麗でした。金曜日、積雪と寒冷のため上海リビングストンアメリカンスクールは全校休校となりました。当校以外にも、上海の日系幼稚園や上海日本人学校、多くのローカル学校や幼稚園、インター校がお休みとなりました。

                   

                  そして、休校中の雪がチラチラちらつく週末、静かにお家で過ごせば良いものの、“雪やこんこん”の歌詞に出てくるイヌと同じく庭駆け回るかのごとく、綺麗な雪景色の上海を楽しむために、まる一日かけてお出かけしてまいりました。

                   

                  以前、浄水器のアクアさん発行の月刊誌“アクアリズム”において記事として“発見の旅にでよう”といった内容の記事を執筆したことがあるのです。内容は、マルセル・プルーストさんの名言「真の発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ」 The real voyage of discovery consists not in seeking new landscapes, but in having new eyesyという言葉を借りて、ごちゃごちゃと私の思いを書いたものと記憶しています。

                   

                  まさに雪の日は、その気持ちが奮い立たされる日でもあったので・・・おでかけしたわけです。

                  雪の中の上海はとても綺麗でした。見慣れたはずの景色に、積雪がプラスされただけなのですが、実に美しく綺麗でした。まさに、雪化粧とはこういうことなのね!という感じです。

                   

                  美しい景色で心が満たされたあとは、食べ物です。そこで、翌朝のパンを求めて2号線・3号線・4号線の乗り換え駅、中山公園駅にある、小さなパン屋さん “千賀屋”へ立ち寄りました。

                  ちょっと前に改装して綺麗になった“千賀屋”さん。“千賀屋”さんで選ぶパンは決まっていて、

                   

                   

                  クランベリーのパンです。残りひとつを、ギリギリセーフで求められました。

                   

                  夕方になると、浦東にある日系幼稚園の園長先生Ms. Keikoから“ご飯いきません?”とお誘いを受け、途中で待ち合わせしました。食事を終えたあと、節分イベント用のお豆を探すためにアピタの食品売り場へGO〜!

                   

                  ・・・・食品売り場へ行く途中・・・ “CALDI”と書いてあるお店を発見。あらら?日本には“KALDI”コーヒーファームという輸入食品・雑貨専門のお店が点在してあるのですが、その中国バージョンでしょうか?と思って中に入ったら、日本の食材がいーっぱい!しかも割安でした。ネットでも購入可能とのこと。

                   

                   

                  幼稚園では、カレー・ルーやシチュー・ルーは日本のものを使っているので、抑えた価格で求められるのは、大変ありがたいことです。Ms.Keikoと私は、CALDIのオーナの方(アピタの総経理だった方です)とお話して、ちょっとだけお近づきになり、CALDI会員になりました。

                   

                   雪の日の一日として、雪にまつわる話かと思いきや、日常の他愛のないお話となりました・・・悪しからず。今後も、発見の実りがあるないにかかわらず、私の小さな発見探しは時々登場しますので、どうぞ、他愛のないお話におつきあい願います。

                   

                  ごきげんよう。

                  category:Mika | by:『野山の巻』 | - | -

                  雪だ〜!!

                  2018.01.28 Sunday 14:24
                  0

                     

                    今週は結局、23日(火)、24日(水)、26日(金)と3日間休校になってしまいました・・・。

                     

                    内2日はインフルエンザ蔓延防止のため、1日は寒波による全校休校。

                     

                    皆さん、色々と思う所はあるかと思いますが、

                    私たち職員も中々予定通りに進まず困っているのも正直な所です。

                     

                     

                     

                     

                    インフルエンザについては・・・

                     

                    今年は本当に流行していますね。

                    A型、B型が同時に流行っているのと、子どもの中には高熱を伴わないこともあるようで、隠れインフルエンザがいるかもしれないとのこと。

                     

                    校内の欠席状況をみても偏りはあるものの、クラスやバスなど特定ができない状況でした。

                     

                    微熱や少しでも体調がすぐれない場合は、病院にかかることをお勧めします。

                    (週末、私の息子も発熱し病院にかかりましたが、インフルエンザは陰性でした。)

                     

                     

                     

                     

                    寒波による全校休校に関しては・・・

                     

                    上海には13年程生活していますが、雪が降ったのは2、3回でしょうか。ほとんど記憶にありません。

                     

                    職員との雑談の中では、

                    「何をこの程度の雪で休校だの騒いでいるのか。」との話も出てきました。

                    確かにそうですよね。会話をした職員はほとんどが日本の雪国出身、雪が降って当たり前の環境で育ってきた先生達です。

                     

                    ただ、今回東京でも連日ニュースになっているように、雪に対しての準備や知識が不足しているので、このような状況になってしまうのも仕方のないことかもしれません。

                    路面凍結で、バスなどの事故が起こったら大変ですからね。

                     

                    ただ、子ども達にとってはこの環境も学びのチャンスです。

                    上海生活が長い子や、日本でも雪が降らない地域で生活している子にとっては、雪を見たり触れたりする機会がないと思います。

                     

                    実際に見て、触れて、感じることが子どもにとっては何よりも学びとなり、体験活動を通してより豊かな人間性を確立できると思っています。

                     

                    皆さんは、雪や氷でしっかりと遊びましたか?

                     

                    子ども達と学ぶチャンスを逃してしまったと、少し残念に思った週末でした。

                     

                    それではまた来週〜

                     

                    【おまけ】

                     

                    木曜日夜の学校の様子です。

                     

                     

                    いつもと違った表情を見せてくれました。

                     

                     

                    category:Ryuta | by:『野山の巻』 | - | -

                    入園事務説明会

                    2018.01.24 Wednesday 19:19
                    0

                      今日は、来年度入園してくださる方へ、入園事務説明会がありました。

                      寒い中、足を運んでいただき感謝しております。

                       

                      様々な期待を持ち、このバイリンガル幼稚園を選んでくださったみなさま。

                       

                      その期待に応えるのが、ここバイリンガル幼稚園の職員たち。

                      この園に就職した一年目に、先輩の先生たちを見ていてそう感じました。

                       

                      そして、良い意味でその期待を裏切るのも、ここバイリンガル幼稚園の職員。

                       

                      どちらかというと、私は後者の方に力を入れるタイプです。

                       

                      基本的な幼稚園教育を行なうことはもちろんですが、

                      「えぇ!!そんなことするの!?」

                      「なんだ!そうきたか〜!!」

                      と、ワクワク感の中で、みなさまの期待を裏切っていきたいなと思っています。

                       

                      そして、いつかここを去る時に、「バイリンガル幼稚園に通わせて良かった!」「間違ってなかった!!」

                      と言っていただけるように、私たち職員は日々の保育に力を入れていきたいなと感じております。

                       

                      きっと、今日の説明会にいらしてくださった方々は、4月の入園式を心待ちにされているだろうなと思います。

                       

                      職員一同、より一層力を入れて日々の保育に取り組んでいきたいなと、改めて感じた今日でした。

                       

                      それでは、また来週〜♪

                       

                       

                       

                      category:Mayumi | by:『野山の巻』 | - | -