おばけの絵本

2018.07.16 Monday 15:00
0

    本日は、久しぶりに絵本のお話をしようと思います。

    まずは、「今日の絵本のジャンルは何にしようかな?」と、考えました。

     

    夏といえば・・・そうだ!

    お化けや妖怪、身の毛もよだつ怖〜いお話

    怖い怖いといいながら、来るぞ来るぞと待ちわびる・・・。

    相反する気持ちや、ドキドキ感やスリルを味わうことができる絵本。

    よくわからないけど、とにかく怖い本。

    そんな絵本を、ご紹介します。

     

    「ねないこだれだ」

    発刊より50年ほど経つ絵本です。貼り絵の味が生かされた名作絵本です。

     

    「おばけかぞくのいちにち」

     

    おばけかぞくの様子がコメディに描かれたお話です。

    絵もストーリーも楽しめるおばけ絵本です。

     

    「もりのおばけ」


    全て白黒の鉛筆画で繰り広げらる世界観が、より現実離れした感じとなっています。

    睡眠時の夢はカラーではなく、白黒と言われていますよね。まさにその世界です。

    スリルを味わえる名作だと思います。
     

    「さんまいのおふだ」

    子どもたちに「怖い絵本読んで〜」とリクエストされたときに読む絵本。

    お話の展開にもスリルがあり、ドキドキ感、来るぞ来るぞ感を味わえる作品です。

    何度読み返しても面白いと思います。

     

    「しりっぽおばけ」

    はっきり申し上げて、とても恐怖感のある絵本です。かなり印象深く、大人の私でさえ怖いので、覚悟してお読みください。

    でも、ポール・ガルドンの絵は流石に素敵です。

     

    “夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがいたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くも、をかし。雨など降るも、をかし”

    枕草子に書かれた名分・・・。闇の光は蛍の光だけだったのでしょうか?ヒトダマも混ざっていたかも知れませんね・・・。

    それでは、みなさま、想像力豊かに、涼しい夏の夜をお過ごしください・・・。

     

    ごきげんよう。

     

    category:Mika 別室 | by:『野山の巻』 | - | -

    PR
    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM