共食

2019.05.06 Monday 15:00
0

    共食・・・それは、誰かと共に食事をすること。

     

    今週の木曜日、「お弁当会」が開かれます。

     

     この趣旨は、年少組さんのお弁当デビューを、年中組・年長組のみんなとお弁当を食べることで、“共に食べる楽しさ”を知ってもらうことです。

     

     共食は他の動物にはみられないヒト固有の行動様式です。共に会話をし、食事の時間を共有し、他者との関係性を保つこと。このことはまさに社会的な食の始まりです。

     

     バイリンガル幼稚園のお弁当の時間では、クラスの友だち以外の友だちとの関わりを持てるよう、毎週のお弁当の日は、いろいろなクラスの友だちと食べることを開園当初から行なっております。そう、共食をする機会を作っているのです。

     

     子どもによっては、初めての場所や、初めての友だちと一緒に食事をすることが、恥ずかしかったり、人見知りをする場合もあります。これは大人でも同じです。初めてお食事をする相手とは、話が弾まなかったり、緊張して食べた気がしなかったり・・・。

     

     ですから、「お弁当会」においても、会話をせずモクモクと食べた、楽しくなかったなど、子どもがそれぞれ思うことがあるとは思います。共に食べたという経験からの思い、感じたことなど、「お弁当会」を通して、子どもに何かの気持ちの動きがみられれば良いと思います。

     

      名前を知らなくてもお兄さんやお姉さんと一緒にお弁当を食べた事実。そんな第一歩を「お弁当会」で経験します。いつの日か、「〇〇〇組さんと一緒にお弁当食べたい」と、子どもたちが自分たちの意思で、一緒にお弁当を食べたいクラスをリクエストするようになる日が来ます。(逆に、自分たちのクラスだけで食べたい日も出てきます。)

     

      きっと、この先、子どもたちの共食相手のリクエストはいろいろでしょう。その共食相手の選択肢を子どもたちに与える機会として、まずは、今週「お弁当会」を開くわけです。

     

       令和元年、初めての「お弁当会」。子どもたちがリラックスした気分で共食の時間が取れるよう、見守っていきたいと思います。

     

    おまけ・・・

     

    お母さまの心のこもったお弁当をちょっとご紹介します。

     

     

     

    愛情を感じる、素敵なお弁当です。美味しそうですね!

    子どもたちの「写真撮って、撮って!」とせがむ声に応えて、カシャッと撮らせていただきました。

     

     

    それでは・・・ごきげんよう〜

    category:Mika | by:『野山の巻』 | - | -

    スポンサーサイト

    2019.07.17 Wednesday 15:00
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -

      PR
      Calender
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM